情報学部大学生のダラダラ日記

情報学部大学生のダラダラ日記

勉強したことをアウトプットします。だらだら読んでいただけると助かります。

数学を勉強する理由

スポンサーリンク

※この記事内で述べていることはあくまで僕自身の経験からのものであり全てがこれにあてはまるわけではありません。御自身が気分を害される可能性があると感じた場合は早急にブラウザバックしてください。

 

数学、つまりmathematics。今読んでいる方が学生なのか社会人なのかあるいはなのかはわかりません。しかし日本で教育課程を修了するためには避けては通れない道だと思います。そして他の科目のような暗記方法では通用しないことから苦手とする学生も多いです。その反面、得意な人も多いのも事実です。

f:id:Parco1021:20191128180909p:plain

 

数学が苦手な人ならば一度は考えたことがあると思います。

「数学勉強してなんの役に立つの?」

このような質問を何度か塾講師のアルバイトの時や中高生だった時にされたことがあります。当時僕がなんと答えたのか忘れましたがおそらく当たり障りのない回答をしたと思います。

 

そして聞かれた人の多くはこう答えます。

「論理的思考能力を育てるため」

「ゲームとか身近なものにも数学は使われている」

おそらく僕も同様に答えたと思います。

上のように質問に答えた人に聞きたいのですが、その回答で質問者は満足した様子でしたか??あくまで僕に聞いてきた人達はですが彼らは腑に落ちない様子、あるいは「僕/私は数学を使わない道に進むから大丈夫」などと言われませんでしたか?

 

ではなんと答えるのが正解だったのでしょうか。結論から言えば僕は知りません。「数学を勉強する理由を問う」という一見合理的な質問であっても、「数学なんてやりたくない」という感情的なことが暗に意味されているのです。感情的な人にこちらが合理的な回答をしても納得するはずがありません。強いて言えば同調してあげることが正解に限りなく近いと思います。

 

実際に質問された時に重要なことはその人が"本当に理由が知りたいのか"を見極めることだと思います。それぞれ需要に沿った回答をしてあげてください。そして意味を見出したくなった人は自分が本当に理由を知りたいのか、あるいは違うのか考えてみてください。仮に正論を言われて納得しなさそうならば後者だと思います。

 

今回は、特に聞かれることの多い数学について話したのですが、他の科目においても同様です。一見数学よりも使わなさそうな科目も多く存在するにも関わらず何も言われないのはここまで述べてきたことが原因だと思います。

 

私事ですが、今現在大学で行っている実験がなんのために数十ページのレポ―トを書き、夜遅くまで行われているのかわかりません。誰か理由を教えてください。これは感情的ではなく純粋に理由が知りたいです。嘘ですやりたくないだけです。が、理由を知りたいのも事実です。

 

数学が苦手な人は以下の「やさしい理系数学」などの参考書がお勧めです。きっとタイトルの通りやさしい問題ばかりなのでしょう。

 

 

おわり。

もしよければ↓ぽちっと↓お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク